謹んで新年のお慶びを申し上げます。

令和最初のお正月皆様どうお過しでしょうか。

ふと平成の歯科業界をふり返りますと、

平成元年に厚労省より8020運動が推進され30年以上たちます。

一方、抜歯の後に埋入するインプラント治療に関しては劇的に技術が飛躍し

今では抜歯後の処置としては身近なものへとなってきました。

我々ファミリー歯科は、卓越したインプラントの技術、機器をそろえておりますが

皆様のお口の環境を整え状態の良い歯が1本でも多く残っていくよう日々考え努力していきます。

どの時代になっても皆様の食事や会話、

笑顔と健康の助力となれるように研鑽を積んでお待ちしております。

副院長 原 高洋