小児歯科

ファミリー歯科では、未来を創造する子どもたちによりよい環境を提供し、健康を育てたいと考えます。 子どもを未来の財産として大切に考え、たとえ“一本の歯”であっても、守り育てることを小児歯科医療の基本と考えます。

むし歯になる前に

家庭でできる予防 – 基本は歯みがき

【乳児期】
赤ちゃんの舌や歯ぐきは白っぽいカスが時々たまります。おかあさんは、水やぬるま湯で湿らせた布でかすをふき取ってください。

【生後7~8ヶ月の時期】
この頃になると、赤ちゃんにはもうかわいらしい前歯が生えてきます。やはり歯の汚れは布やガーゼなどでふき取ってください。

【生後1年を過ぎたら・・・】
この頃は自分で磨くようにさせましょう。しかし、子どもはまだまだ歯の磨き方が充分にできません。おかあさんも手伝い、磨いた後は仕上げみがきをしてあげましょう。

【5才をすぎたら・・・】
5才くらいなったら、毎食後(朝・昼・晩)「1日3回磨き」をさせましょう。おかあさんは磨き残しがないかよく見てあげてください。

【6才臼歯※が生えてくる頃】
6才くらいになると、強く大きい6才臼歯が生えてきます。この6才臼歯は生えてきたことに気がつきにくく、食べカスもたまりやすいために、むし歯になりやすいので、気をつけて磨きましょう。

※6才臼歯とは・・・
歯の王様、永久歯の中でも噛む力が最も強く、噛み合わせや歯並びの基準となる大切な歯です。

仕上げみがきについて

子供は大人のように手先が器用ではありませんから、大人の仕上げみがきがなければ、歯みがきをしていないのと同じです。 夜の歯ブラシのあと、親子のスキンシップもかねて、みがき残しのチェックをしてください。  初期のむし歯を見つけるのは、容易ではありませんが、早く見つければ痛みなく完全な治療が可能です。 できれば、小学校6年まで、お子様が嫌がらなければ、中学までもお願いしたいところです。

歯科医院でできる予防

シーラント(予防充填 – 保険適用)

シーラントシーラントとは、歯の溝に合成樹脂をつめてむし歯を予防する方法です。 奥歯の噛み合わせのところは、溝が深くブラシが届きにくいためむし歯になりやすい部分です。 そこで、予防のために溝にシーラントをつめて汚れのたまりにくい表面にすると虫歯予防に大変効果的です。

フッ素塗布(保険適用外)

乳歯や永久歯の生え始めなどの歯の質が弱い時期やむし歯になりやすい子どもに対しての予防措置です。これは、フッ素を歯の表面に塗る方法で、歯と歯の間、歯と歯肉の境目のむし歯の予防に有効で、ごく軽いむし歯をそれ以上進行させない効果もあります。また、生えたての歯の場合には、歯がフッ素を取り込んで糖分からできた酸に対する対抗力を増す働きもあります。 フッ素塗布は、定期検診にあわせて3~6ヶ月ごとに行うことをおすすめします。(1回で¥500)

虫歯になってしまったら

子どもが歯科医院への来院を嫌がるケースは日常よく見られます。治療は誰にとっても精神的・生理的苦痛であり、負担がかかります。できるなら自然治癒が誰もが希望しますが、進行した疾患ではありえないことをご理解ください。
治療の必要性のご理解を頂いた上で保護者の皆様のご協力を是非お願いします。

4歳になったら、ひとりで診療室へ

子どもは親が思っているより、ずっとしっかりしています。最初はできないかもしれませんが、できるだけ一人で診療室に入れてください。
治療後は、「よく頑張ったね、えらかったね。」と必ずほめてあげてください。

いよいよ治療だね

治療のめやす何か異常のある場合や治療に関して注意してもらいたいことがありましたら、あらかじめお知らせください。

治療方法
進行止め(フッ化ジアミン銀)小児進行止め

歯が黒くなるという欠点があります。わずかな脱灰(カルシウムが溶け出すこと)である場合に用います。進行が止まるのではなく進行がゆっくりになると考えてください。

 

レジン修復小児レジン

四方を歯に囲まれたところや噛む力があまり加わらないところはプラスチック樹脂を詰めることができます。

インレー小児インレー

 

クラウン小児クラウン

一部あるいは全部を金属でおおいます。レジン修復よりも、強さの点では勝ります。

 

保隙装置

抜けてしまった歯の隙間を両側の歯で確保します。
(太いワイヤーで支えます)
その確保された隙間から永久歯が正しく生えてきます。

歯並びが悪いといけないの?

乳歯列期における歯列不正や咬合異常は、それほど頻度の高いものではありませんが、下顎前歯の叢生、反対咬合、開咬などを認めることもあります。
混合歯列期(はえかわりの時期)になると、正中離開、前歯部の叢生、反対咬合など、多くの不正が認められるようになります。また、乳歯列期の不正咬合には、習癖が関与するものも多く認められます。

歯並びが悪いと・・・

  1. むし歯になりやすい
  2. 歯周病になりやすく、口臭の原因にもなる
  3. 良く噛めない
  4. あごの成長、顔かたちにも影響する
  5. 口もとが気になる(コンプレックス)
  6. 発音がしにくい

不良習癖とは

歯並び、咬み合わせに悪影響を及ぼす癖のことを悪習癖(不良習癖)と言います。
ゆびしゃぶり・舌癖・咬唇癖・口呼吸などです。自然にやめるのを待ちたいものですが、4歳前後になってもやめないときには周囲の大人が気づいた時に注意して、 本人に意識させるようにしましょう。

小児歯科の疑問にお答えします。

Q フッ素には、毒性があると聞きましたが、本当ですか?

誤って多量に摂取した場合は、急性中毒が考えられますが、一般的な使用の場合には問題はありません。

Q 永久歯の矯正治療は、いつからはじめたらよいのでしょうか?

第一大臼歯が生えて、前歯の4本の永久歯に生え変わる頃に歯並びの予測ができるので、この頃から永久歯の矯正治療が可能です。 ただ場合によっては、乳歯の頃からケアすべき場合もありますので、ご相談ください。

Q 乳歯のむし歯を治療しても、すぐ取れてしまうのはなぜですか?

乳歯の解剖学的形態から窩洞形成が制限され、修復物が脱落しやすい状態にあるのは、事実です。 また、子どもの食生活も粘着性の食物を好むことも原因だと思われます。もし、取れましたら、できるだけ早く取れたものをもって、来院してください。

Q 乳歯のむし歯は生えかわるまで放置してはいけませんか?

乳歯のむし歯は永久歯列や咬合、後継永久歯胚に影響することが知られています。その他にも、全身への影響などもあります。放置するわけにはいきません。

 

がんばって治療をしたお子様にはもれなくお土産があります!