診療時間

名鉄河和線上ゲ駅徒歩2分

ご予約・お問い合わせ

0569-73-8299歯に救急

愛知県知多郡武豊町天神前2-171
診療時間
9:00 - 12:00 - -
14:00 - 19:00 - -

*火曜日の午後は、17:00まで
休診日:日・水曜日

診療案内

Medical Info

虫歯

むし歯(虫歯)とは

一言で言うと酸によって、歯が溶かさ れる病気のことです。 チョコレートやキャラメル、アメなどのお菓子に代表される 砂糖を含む食べ物とむし歯には、とても深い関係があります。 むし歯の原因となるのは、「ミュータンス菌」という細菌です。この細菌は、口の中に砂糖が入ってくると、活発に働いて歯垢をつくります。そして、歯垢の中で酸をつくります。 むし歯は、この酸によって歯が溶かされる病気です。
 
むし歯の進行
cavity_img_1

Cとは英語のカリエスの略で、虫歯のことです。Cのうしろ数字は大きくなるほど、進んでいることを表します。

C0 – むし歯初期状態
cavity_img_c0

自覚症状はほとんどありません。定期検診で見つかることがあります。もちろん早期発見・治療が第一です。​この段階では出来るだけ削ったりせず、丁寧な歯磨きやフッ素で再石灰化を進めることによって、むし歯の進行を食い止めるだけでなく、治すこともできます。​

C1 – むし歯中期状態
cavity_img_c1

エナメル質内に細菌が進入して穴が空いた状態です。 ここまで進行すると、もう再石灰化はほとんど期待できません。 また、この時点では、まだ痛みを伴う自覚症状はほとんどありません。 穴の状態が小さいうちに治療しましょう。​

C2 – むし歯後期状態(初期)
cavity_img_c2

象牙質まで細菌が進入した状態です。 象牙質はやわらかいので、虫歯は中で大きく広がります。 大きくなると冷たい水や風がしみるようになります。 甘いものや暖かいものがしみるようになると歯髄(神経)を取る可能性が高くなります。​​

C3 – むし歯後期状態(中期)
cavity_img_c3

歯髄まで細菌が進入した状態です。歯髄には痛みを感じる神経が含まれているため、細菌が進入すると炎症を起こし激しい痛みを感じます。熱い食べ物や飲み物がしみてきて、ズキズキ痛み出します。これを歯髄炎といいます。​​​

C4 – むし歯末期状態
cavity_img_c4

歯の根だけが残る末期症状。歯髄炎を放置すると、その痛みはある日なくなります。それは治ったのではなく、神経が死んでしまって感じなくなっているだけなのです。さらに放置すると、根の先から歯根膜に炎症が起こり、硬いものを噛んだりすると痛みや違和感を感じるようになります。